どうして『けものフレンズ』は、たつき監督でなければいけないのか?

 f:id:narikinnn:20170926054343j:plain

・・・。

 

 

 

 

 

 

今考えられることを考えてみよう

・情報源は1ツイートだけ

・どこかしらの情報に不十分な部分があるかもしれない

 

ということで現時点で理由とか難しい事考えてもしゃーないかなって所があります。

 

しかし経緯がどうあれ、これからのありうるルートは

・2期を誰も見向きもせず、カドカワも監督も視聴者も全滅(badエンド)

・監督変更してもなんだかんだで盛り上がり、それなりに続く(通常エンド)

・色んな影響を受けて偉い人が再考、たつき監督が復活する(trueエンド)

・何かの情報間違い(夢落ちエンド)

 

の4種くらいしかないですよね。

ちなみにtrueエンドに辿りつくためには周回プレイで各ルートの適切なフラグを全て回収する必要があります。

 

 

これに関しても現時点の憶測にしかならないので、さらに今考えられる別のことを考えてみましょう。

 

 

議題はこれ。

 f:id:narikinnn:20170926062432j:plain

どうしてけものフレンズたつき監督じゃなければいけないのか?

 

それを考えるために、ここから考えましょう。

 

 

 

 

けものフレンズは何がすごかったのか?

f:id:narikinnn:20170926094458j:plain

けものフレンズは何で人気が出たのか?

終末感が気になったとか、

サーバルちゃんに励まされたとか、

キャラがかわいかったとかはもちろんあるでしょう。

 

ただそれ以上に。

 

皆さん、初めてこのアニメを見たとき、こう思いませんでしたか?

 

 f:id:narikinnn:20170926094714j:plain

 「意味わかんねえ…」

 

もちろんそりゃストーリーとして何が起こってるかはわかりますよ。しかし。

ゆるすぎるテンポ、謎すぎる世界観、独特のキャラクター性、しんざきおにいさん。

 

明らかに異界のものです。

 

 

 

 

 

積み重ねの重さ

 

私たちがアニメでも漫画でも映画でもそれ以外でも、作品に触れるとき

どうやって見ているんでしょうか?

 

(あの作品に似ているな)

(こういう展開が来たら次はこうだろうな)

(〇〇より面白かったな)

 

無意識に、他の作品と比較をしてしまっていませんか?

何かの知っているものの延長線上としてしか作品を見ることができない。

 

また、それぞれの作品自体も、今までの文化として積み重ねがあるはずです。

手塚治虫が作った技法に〇〇が作った技法に…どんどん積み重ねで今があるわけです。

それ自体は全く間違ったことじゃないでしょう。

 

 

しかしそんな中で、本当にフラットに作品を見ることはできるんでしょうか

 全くゼロの視点から、純粋に。

 

 

 

 

 

 

たつき監督にも積み重ねがあります。

例えば irodori名義として。

 

これらの作品を見てなんとなく、少しだけわかった気がしました。

 

 

 

 

彼は、他の作品の上ではなく、自分の上に自分を積み重ねています

一般の方向とは別ベクトルに。膨大に。

 

その積み重ねの結果として、一番上に作られた物がけものフレンズです。

f:id:narikinnn:20170926085321p:plain

 

 

そんな作品を見て、私たちは何を思うのか。

 

 

f:id:narikinnn:20170926112353p:plain

「意味わかんねえ…」

 

 

 

 

 

 

もはや他の作品と比較してしか作品を見ることができなくなった私たちは、

 

「知ってる世界のどこの延長線上にもない」

「別ベクトル」

「しかし、膨大な積み重ねの上にある」

 

そんなけものフレンズを見たとき、それを語る言葉を持っていなかったのです。

 

だから、 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…いや、語るための言葉がありました。

 

 

 

フラットで、

 

 

 

わかりやすくて、

 

 

 

しっかり伝わる、

 

 

 

思わず口に出してみたくなるような言葉が。

  f:id:narikinnn:20170926104850j:plain

だから言いましょう。みんなで一緒に。

 

 

 

 

 

 

 

 

「「わーい!」」

 

 

 

 

「「すっごーい!!」」

 

 

 

 

「「たーのしーい!」」

 

 

 

まとめ

監督のCG絵はそのまま素材があります。

いや、もしCGではなくアニメ絵になってもそこは関係ありません。

 

けものフレンズのキャラ達は作中でしっかり描かれているため、

「キャラクターを再現する」こと自体はできるでしょう。

 

だから、もしかしたら続編を作ること自体は可能かもしれません。

そのまま続くかもしれません。

 

しかし、たつき監督にしかあの世界は描けない。

あれは、積み重ねの世界です。

 

それが、たつき監督でなければいけない理由です。

 

 逆に言うとそれこそが原因かもしれません。それは不明、また別のお話。

 

 

 

 

この騒動はどのエンドになるかはわかりませんが、強く生きていきましょう。

 

タイムリープ勢はがんばってください。

それでは。                おわり