騙されて宗教に勧誘され、せっかくだから入信してきた話

前回の記事が作者様に見つかってしまい、Twitterで紹介をしていただきました。

 

すっごい嬉しかったです。

 

 

今後も語りたくなるような最高な漫画があったら記事にしましょうか。

 

 『墓守とリボン』読んでない人は今すぐマンガワン裏サンデーから読んできてください。

 

 

 

で、

それとは一転ちょっとだけヤバい話。

 

 

宗教に勧誘された話

みなさん、宗教ってものに対してどういうイメージを持っていますか?

ヤバいやつだと「洗脳」とか「金が目的」とか「壺買わされる」とかそういうのが連想されますか?

 

 

この話に出てくる宗教組織(一応名前は出しません)は普通に悪質なやつです。

勧誘目的の記事では断じてありません。

 

 

f:id:narikinnn:20170917214918p:plain

少し前の話です。

(残念なことですが、特定されて向こうに恨まれるとか怖いので、全体的にぼかして書きます。)

 

 

秋葉原ブックオフで一人、漫画を立ち読みしていました。

ちなみに、知っている人ならもうこの時点で宗教名がわかります。

 

そのころの自分はとにかく人との関わりがなさすぎる生活を送っていました。

精神的にちょっときつかったです。

 

そんなぼっちが、こんな風に声をかけられたらそりゃあ喜ぶわけですよ。

 

 

 

A「すいません、ぼく漫画とか詳しくないんですけど、オススメの漫画とかありませんか?」

f:id:narikinnn:20170918025454p:plain

 

 

オタクはおすすめを聞かれると、喜んで語り始める。

のちに友人がそう言っていました。オタク相手に会話を弾ませたい時はよく使うテクニックだそうです。クソが。

 

例にもれず、喜んで語り始める自分。

 

相手をAさんとします。男です。

語ってると

A「へー!」「詳しいですね!」「さすがーー!!」

めっちゃおだててくるので、どんどん楽しくなっていきます。

f:id:narikinnn:20170918114314p:plain(イメージ図です)

書いてて思ったんですが、俺ちょろすぎませんか?

 

ブックオフで立ち話しているうちに、どんどん盛り上がっていきます。

 

A「今度また会いませんか?」

自分「いいですよ!!!!!!」

 

 

…弁明させてもらうと、

まじでそのころの自分は人間に飢えすぎていたので、どんな繋がりでも欲しくなっていたのです。

一切相手を疑わず、全く新しい友人ができたことにワクワクしていました。

 

 

 

 

後日、再び会い、近くのファミレスに入ります。

 

他愛もない話から会話は始まります。ごく普通の会話を繰り返すうちに話が不思議な方向になりました。

(具体的にどういう話をしたかも書きたいんですが、さすがに相手から特定されるのが怖いのでここでは書けません)

 

 

A「××(自主規制)という修行を知っていますか?10分ちょいのものです」

f:id:narikinnn:20170918025419p:plain(イメージです)

 

A「やってみませんか?」

 

A「この近くにぼくたちが使ってる会館があるんです、そこでやりましょう!」

 

 

 

 

「あ、これヤバいやつだな?」って気づきました(だいぶ遅い)。

 

 

状況としてはこう。ちょっとした修行(なんか色々いいことがあるらしい)を体験してみないかと。近くにそれができる場所があると。来ませんか?と。

 

さて、どうしましょう。特に情報もないので、実際どんなものか得体はしれません。

 

 

逃げることはそんな難しくないでしょう。

普通に断るでも、トイレのふりでも、ダッシュで逃げるでも、何とでもなりそうです。

 

f:id:narikinnn:20170918032232p:plain←(イメージ図)

人に飢えているとは言いましたが、宗教の一員になるつもりは全くありません。

 

そこに行ったら勧誘されるんでしょうか、恐喝を受けるんでしょうか。精神的にも物理的にも金銭的にも、どんな被害を受けるかわかったもんじゃありません。

 

というわけで。

 

自分「いいですよ!!!!!行ってみます!!!!!!

f:id:narikinnn:20170918032742p:plain

…書いてて思ったんですが、さすがに危なすぎじゃないですか?何やってんの?

 

 

何というか、Aさんから悪意を感じなかったんですよ。いやすでにこの状況になってる時点で騙されてるんですが。

本当にその修行をいいものと思ってオススメしているとしか思えなかった。

 

もう一つの理由としては、

 

(ここで帰ったらつまらなくない?)

 

話題性を考えてですね。

「宗教勧誘されてさー、必死に逃げてきたよ~、トホホ(笑)」

だけしかネタにならないんじゃ、一日使ったリターンとして釣り合ってないなと。

せっかくならその先を見たい。

こうしてブログ記事にもできるし。

まあ、その程度に自暴自棄な部分はありました。

 

 

あとは「10分くらい」「修行やったら帰るだけ」「気に入ったら家でやればいいから」この辺言ってたのを信じてみました。嘘だったけど。

 

 

 

 

ちょっと歩いて、その会館につきました。ぱっと見はただの区民会館です。

 

周囲を確認。周りにちらほらいる人たちは信者の方なんでしょうね。

ごく普通の主婦にしか見えない方々が、ごく普通の会話の場としてここを使っているような姿もあります。これは意外。

 

 入る前にベンチに座り、確認をいくつか受けます。

A「他の神社のお守りとか持ってませんか?持ってたら預かります」

自分「ないですね」持ってます。

A「修行をやるときは、この紙の手順に従ってください」

 

f:id:narikinnn:20170918033643j:plain

(これが今回唯一出す現物です。これ以上は勘弁して)

 

う、うおお…

数珠と教典みたいなものを渡されます。

 

 

A「あ、あと最後に」

自分「?」

A「一応住所とか聞いといていいですか?」

 

逃げるなら最後のチャンスはここですね。

 

 

普通にビビりながら、嘘の住所を書いておきました。

 

というわけで修行を行う部屋に入室。和室で、仏壇みたいなのがあります。

 

f:id:narikinnn:20170918034830p:plain

なんか先生みたいなのが入ってきました。

自分も後ろで正座、あとは画像の手順でいろいろ唱えます。

 

これが20分ほど。 正座つらい。正座がつらかったこと以外は特に覚えてないです。

終了したところで、先生(仮)は振り向いてこう言いました。

 

「本日は入信の儀に参加して頂いて、ありがとうございました。」

 

!?!?

 

よく見たら、先生(仮)は住所(嘘)が書かれた申込書みたいなのを持っています。

これは入信の儀だったらしいです。

つまり。

 

なんか自分も入信したことになったらしいです。

 

 

 

 

 

そこから出て呆然としていると、Aさんはこう言います。

「どうでしたか!?よかったですか!?またやってみたいと思いましたか!?」

 

これ、(2回目の)騙した直後ですよ?

…本気で悪意を感じないんですよ。

あの手この手で連れてきて、入信者名簿に加えて…その行動が全て善意でやってるとしか思えないくらいに本気なんです。

 

その近くでは、先ほどとは別の信者主婦の方々が、やはり楽しそうに日常会話で盛り上がっていました。

一人寂しい僕とは対照的に。

f:id:narikinnn:20170918041128p:plain←信者の方々    f:id:narikinnn:20170918105904p:plain←ぼく

 

 

その後

帰った後は連絡先を変更しておきました。

もちろんですが、その後の音沙汰はありません。

 

ネットの情報だけなので確かではないですが、この宗教組織に関する情報。

・勧誘が悪質。

・信者数を増やすことが目的。すでに(数字上は)相当なでかい規模である。

・ちゃんと参加すると勧誘ノルマが課せられる。

 

こんな感じ。恐喝とか暴力とかお金とか、そういうリスクは少なめだったようでよかった。

 

ちなみに、ちゃんと知りたい方は「ブックオフ 勧誘」だけで検索すればいくらでも類似案件が出ます。

マジでオタクをカモにしているらしい。

 

 

 

宗教とは何か?

この件は、何となく色々なことを考えなおす機会になりました。

あと、運よく実害はなかったけど普通に反省するべき。

 

f:id:narikinnn:20170918105529p:plain

みなさん、宗教ってものに対してどういうイメージを持っていますか?

 

お金のためだとか権力のためだとか洗脳をしているだとか、そういう側面はあるでしょう。

昔から政治に使われてきたり、あくどい集金があったり、事件があったり。

 

 しかし。そんなイメージ図は、”上に立つ側の視点”でしかないんですよ。

信者側の視点が足りていない。

 

じゃあ信者側からしたらなんで宗教に入っているのか。

宗教ってものは、コミュニケーションなんです。

 

その場に集まれば仲間がいる。

皆で同じこと(修行)をして、連帯意識を高める。

仲間を自分たちの手で勧誘して、増やしていく。

f:id:narikinnn:20170918113933p:plain

胡散臭い新興宗教だろうと、世界三大宗教だろうと根本的なものは変わらないんじゃないでしょうか。

 

当たり前の主婦たちが当たり前のように集まって、当たり前のように会話をする場が宗教。

彼女らは、一人で寂しい自分なんかよりずっと楽しそうに生きていました。

 

 

人間、生きるうえで一番大事なものはコミュニケーションなんだなあ、と知りました。

 

というわけで

・自分も何か人とのつながりが必要だ。できれば宗教以外で。

・精神が不安定な時は色々危なっかしい。そういう状況は作らないようにしよう

 

この辺が学んだことです。以上。

 

あ、あとAさんは漫画の話で話しかけてきたくせに実際は微塵も興味がなかったことは腹立ちますね。

 

普通に危ないことした気がするので、他の人は絶対に真似しないように。

書き方はぼかしまくったので、身は安全かな?         おわり